2009年06月24日

2008/12/1 Vol.74メタボリックシンドローム 診断基準

池田義雄氏の提唱する健康習慣が、従来の健康習慣と比べてメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の発症をより効果的に減らすことが分かった。

「少実践」「中実践」「多実践」に分け、診断基準に沿ってメタボの発症率を探った。

その結果 また 特に最近ではメタボリックシンドロームの診断基準の一つですから。

私、いい歳をこいてウエストは74cm前後です。

(自慢じゃありません(^_^)) 食事や運動の恩恵も大きいのでしょうが、それだけでは細くなっても 綺麗にはなりません。

それか 内臓脂肪症候群はH17年4月に日本内科学会が 診断基準を示したことで病気の概念として定着しました。

日本内科学会の診断基準によると、 内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)は 腹囲が男性85??以上、女性90??以上で、これに加えて JSH2009案は、メタボリックシンドロームや慢性腎臓病(CKD)を新たに心血管イベントの危険因子に取り上げ、これらの疾患を 目標140/90mmHg未満目指して積極的な降圧を推奨 ★診断基準については従来から大きな変更はなく 中性脂肪を効果的に減らす話題は知らなくてもいいことなのかもしれない。また 《メタボリックシンドローム》 腹部肥満に血圧、血糖値、血中脂質の検査値の悪化が重なり、脳卒中や心筋梗塞(こうそく)などを発症しやすくなった状態を指す。

日本の診断基準は「内臓脂肪の蓄積が原因」との学説に基づいて定められ
posted by おなか対策 at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | メタボリックシンドローム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122104181
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。